研究への参加者の募集

通院不要の高血圧治療
臨床研究者の募集

病院へ行かなくても診療が可能な
「ポートメディカル」アプリ
を使った、遠隔診療による高血圧治療の
臨床研究にご参加いただける方を募集します。

遠隔診療を用いた高血圧治療とは

専用の血圧計※1で測定すると、自動的に血圧データが送信されます。
そのデータを元に、専門医がアプリ内のチャット※2やビデオ通話で遠隔診療を行います。

※1 無償貸与:オムロン自動血圧計HEM-7252-HP
※2 遠隔診療時のアプリは「ポートメディカル」アプリが別途必要になります。

「高血圧」臨床研究について

現在の高血圧治療は長期間、場合によっては一生涯にわたって降圧薬を飲むために通院する必要があります。 しかし、新規の症状がでていなかったり、定期的な血液検査などで新たな異常が出ていない場合の再来では「血圧コントロールが良好か医師が確認すること」と、「降圧薬を受け取る」この2点を行うにとどまります。 現在の医療法ではこの2点において、遠隔診療で治療をすすめることが認められています。

<具体的に高血圧遠隔診療で行うこと>

  • 1:できるだけ毎日血圧を測定し、その測定値を医師に送信。
  • 2:定期的にビデオ通話にて遠隔診療を行い、医師の判断のもとで薬を郵送。

※連続して異常値が見つかった場合は、速やかに遠隔診療を行います。
※対面での診療が必要と医師が判断した場合は対面診療を追加します。

我々は、この遠隔診療による高血圧治療を「安全性と有効性」を従来型の通院治療と比較し、
改善していくことで、遠隔診療の確実性を高めたいと考えています。

そのため、本研究において
・新しい遠隔診療を受けて下さる患者さん(遠隔診療群)
・今までどおりの「従来型の通院治療」を受けてくださる患者さん(通常診療群)
の、二通りの患者さんを募集しています。

「高血圧」について

日本高血圧学会では、140/90 mmHg(家庭血圧では135/85 mmHg)を上回ることを高血圧と定義しています。 これを超える期間が長く続くと、脳梗塞や心筋梗塞をはじめとした様々な心血管病にかかりやすくなることが分かっているからです。

減塩、運動などの生活習慣改善策は血圧を下げるために有効ですが、 どうしても降圧薬の内服を必要とされる方も多くいらっしゃいます。

高血圧の治療は格段に進歩しており、良好にコントロールされている方々も多くなっておりますが、長期間、場合によっては一生涯にわたって降圧薬を飲み続けなければならない煩わしさがあります。

遠隔診療とは?

2015年より一定の条件を満たせば、 来院することなく電話などで診察と処方を受けることのできる 遠隔診療を誰でも利用できるようになりました。

近年、高血圧治療において、医師との対面診察を必要としない 遠隔診療が有効であったという報告が世界的に相次いでいます。 しかし、わが国において、遠隔診療はいまだ一般的でなく、その安全性や効果について大規模な検討はなされていません。

電話やインターネットを利用した遠隔診療の優位性が明らかとなれば、定期的な通院や待ち時間が不要になったり、医療費の節約になったりすることを通じて、 あなたを含む患者さんの生活の質が大きく向上する可能性があります。

遠隔診療群の対象者

スマートフォンをお持ちの
遠隔診療を希望される高血圧患者様

対応スマートフォン:iPhone もしくはAndroid

条件

・検査(保険診療による動脈硬化検診)のため、少なくとも1度は東京女子医科大学病院高血圧・内分泌内科を受診できること
・対面による初診のため、少なくとも1度はTM内科クリニック西新宿を受診できること


研究に必要な家庭血圧計をご利用いただけること(無償貸与:オムロン自動血圧計HEM-7252-HP)
オムロン自動血圧計HEM-7252-HP

臨床試験に参加するメリット

  1. 高血圧治療の通院が不要に。(遠隔診療群のみ)
  2. 研究期間中はアプリが無料でご利用いただけます。

遠隔診療アプリ「ポートメディカル」の利用料が研究期間中無料となります。


通常診療群に割り当てられた場合であっても、1年後から遠隔診療に切り替えることができ、 研究期間中であればポートメディカルの利用料は無料になります。

血圧手帳不要の最新血圧計を無料でお使いいただけます。

※高血圧診療の場合に限る

> 対象外となる方について

試験の安全性を高めるため、対面によるきめ細かな対応を必要と考えられる下記の患者さんは対象外となります。

  • 冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞など)の既往がある患者さん
  • 糖尿病、慢性腎臓病(CKD)、非心臓性脳梗塞、末梢動脈疾患(PAD)に罹患している患者さん
  • 日本動脈硬化学会の定める心血管病リスクチャートでリスクカテゴリーIII*に該当する患者さん
  • 妊婦さん
  • 二次性高血圧症の患者さん (※東京女子医科医大学での検査で判定します

お申し込みの流れ

Ico step 1

STEP1

お申し込み

お申し込み条件のチェック項目にお答えいただき先にお進みください。

チェック項目が参加基準を満たさない場合は、お申し込みいただけませんのでご了承ください。

Ico step 2

STEP2

病院で受診

初回のみ、以下2つの病院で受診していただく必要があります。

1. 東京女子医科大学病院 (大江戸線 若松河田駅・牛込柳町駅/新宿線 曙橋駅)
研究の説明と同意・血液検査(必須)
動脈硬化検診(任意)

2. TM内科クリニック西新宿 (西新宿駅)
検査結果・参加概要の説明

Ico step 3

STEP3

遠隔診療開始

検査結果が基準を満たしていれば、研究にご参加いただけます。

尚、1年後、検査のため再受診いただだきます(TM内科クリニック西新宿、または東京女子医科大学)。 2年目以降は遠隔診療を利用するか自由に選択いただけます。

注意事項

※1 : 医療機関の受診と遠隔診療はすべて保険診療(3割または1割負担)となります。
※2 : 注意!:本研究では、参加者が無作為に通常診察群と遠隔診療群に割り付けられます。 通常診療群に割り付けられた場合には、1年間、今までのかかりつけ医に通院していただくことになります。
(高血圧診療のための研究期間中ポートメディカル利用料無料の特典は参加者全員に付与されます。)
(通常診療群の患者様には家庭血圧計を無償貸与致します。)

お申し込み

以下の質問にご回答の上、「臨床研究に申し込む」ボタンを押してください。
全てにご回答されてもボタンが押せない方に関しましては、対象外となりますためお申し込みいただくことができません。 (別途遠隔診療を受けられる可能性もありますのでよりお問い合わせください。)

  • 20歳以上ですか?
  • 高血圧症ですか?分からない方は「はい」を選択してください。
  • スマートフォンをお持ちですか?
  • 糖尿病ですか?分からない方は「いいえ」を選択してください。
  • 慢性腎臓病(CKD)ですか?分からない方は「いいえ」を選択してください。
  • 脳梗塞になったことはありますか?分からない方は「いいえ」を選択してください。
  • 妊娠していますか?

「高血圧」臨床研究に申し込む

TM内科クリニック西新宿

※当被験者の対象ではない方も、「ポートメディカル」にて遠隔診療を受けていただくことが可能です。

遠隔診療を行うには、一度、TM内科クリニック西新宿にて診察を受けていただく必要があります。

よくあるご質問

遠隔診療は通常の診療と金額は変わりますか?
通常の診療よりも割安です。
花粉症の処方希望でもポートメディカル利用料は無料ですか?
主治医が高血圧診療と関係ないと判断した場合、通常の利用料がかかります。
試験計画書を頂けますか?
近日中に公開いたします。

問題が解決しない場合は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。